株式会社パンセのスタッフブログです。Web業界の最新トレンド、マーケティング情報、CMS構築などのお役立ち情報を発信しています。

  1. Penseesトップ
  2. パンセのタネ
  3. マーケティングツールの力で人手不足をスマートに解消しよう

マーケティングツールの力で人手不足をスマートに解消しよう

マーケティングツールの力で人手不足をスマートに解消しよう サムネイル画像

人手不足で倒産も!?「人手不足倒産」とは

近年、業績は黒字なのに、人手が足りず倒産に追い込まれてしまう「人手不足倒産」というものが増加しています。
事業は順調なのにどうして、という気がしてしまいますが、せっかく問い合わせがあってもそれを引き受ける人員が足りず、結果として受注することができず、それが積もり積もって倒産に至ってしまう、というケースがあるのです。

「人手不足倒産」の動向調査(2013~18年度): 帝国データバンク

これをマーケティング業務の話に置き換えると、「人手不足倒産」とまではいかないまでも、マーケティング担当者が他業務と兼務しているため(これは企業規模によらずよく聞く話です)、マーケティング活動がおろそかになってしまう、または集客に成功していても、その後のフォローアップまで手が回らず営業の機会を失う、といったケースはよく見られるのではないでしょうか。
単純にマーケティング業務にあたる人材を増員できれば問題は解決するかもしれませんが、多くの場合、そう簡単に人を増やしたり出来ないのが実情ではないかと思います。
そういった状況を改善するには、リソースを増やすのではなく業務の効率化を図り、より多くの時間を有効な営業活動にさけるよう仕組みを変えていくのも一つの手段です。

MAツールを導入して業務効率化を

マーケティングオートメーション(MA)ツールと呼ばれる、見込み客が商品やサービスを購入するまでの動きを追うことのできるサービスは、本来は見込み客を育て、ロイヤリティの高い顧客を創出するためのものですが、様々な施策を自動化させてマーケティング活動の効率化を図ることができるので、結果として業務効率化にも繋がることになります。

例えば、セミナーや自社サイト内のアンケートページなどで集客した見込み客へメールを送りたい時、MAツールを導入していないと、一つ一つの顧客情報を確認して送信リストを作成する必要がありますが、MAツールで顧客管理をしていれば、その顧客が自社サイトのどのページを閲覧したのか、以前送ったメールを開封してくれたか、といったデータを元に自動で対象者を絞り込むことができ、より効率的にターゲットをまとめる事(リスト化)が出来ます。

今まで手で行っていたこういったリスト化作業を自動化することで、空いた時間を他の課題解決へあてることも出来ますし、営業職を兼ねている場合はより営業活動へ専念して当たることができるようにもなるでしょう。
また、正しくスコアリングやシナリオを作成していれば、手動で行っていた時と比べ、リストの内容もより精緻なものとなるはずです。

ツールのカテゴリーこそマーケティングツールとなっていますが、マーケティング支援としてだけ使うのではなく、人手不足解消をはじめ、業務効率化のために使うというある種裏技的な利用方法もあるのです。

パンセおすすめのMAツールとは

このように様々なメリットのあるMAツール、ぜひとも導入を検討したいところですが、MAツール市場は現在大変な活況状態で国内国外問わず様々なMAツールが出てきており、ちょっと調べ始めるとどれを選べば良いのか迷ってしまう状況となっています。
そこでそんな中、我々パンセがぜひおすすめとしてあげたいMAツールの一つがHubspotです。

国内での導入シェアは現在そこまで高くはないですが(第5位 ※DataSign Webサービス調査レポート 2019.3 より)、海外も含めた全世界の市場で見渡すと導入シェア1位となっており、スタンダードなMAツールの1つと言ってよいでしょう。
何が他のツールと違っていて、どこがおすすめなのか、パンセの視点からいくつか挙げていきたいと思います。

MAツールではなくオールインワンのプラットフォーム

いきなりMAツールではないとしてしまいましたが、もちろんMAツールとしての機能は当然備えています。
ですがそれだけではなく、顧客管理機能、営業支援機能やカスタマーサポート、コンテンツ管理までが1つのプラットフォームで完結しています。
そのため、それぞれの機能同士でのデータ連携やユーザー管理を簡単に行うことができます。
また、既存のウェブサイトとの連携も容易に行うことができます。

顧客管理機能、営業支援機能など必要に応じてカスタマイズすることができる

さらに上記のそれぞれの機能は独立しており、必要に応じて追加をしていくことができます。
当初はCRM機能だけを利用した小さなプランで
スタートし、効果が見られてきたら他の機能を追加で導入して拡張していく、といった柔軟な導入計画が可能です。

無料で使うことができる

Hubspot自体が元々中小企業向けに作られたツールということもあり、基本的な機能は無償で提供されています。
例えばCRM機能について言えば全て無料で始めることができますし(よくある無料試用期間などではなく、永久に無料)、その他マーケティング機能やセールス、カスタマーサービス向けの機能についても、主要な機能は無料となっています。
そのため、予算が限られている企業でもコストを気にすることなく導入検討をすることができます。
無料で利用可能な機能だけでも、顧客との連絡先や商談の管理、フォーム作成、Eメールマーケティング機能など、十分すぎるほどの機能が揃っています。
また、有償プランも他のMAツールと比較すると低めの価格となっています。

Hubspotに強いパンセ

このように、業務効率化に結びつく機能の数々が(無料枠でも)揃っていて機能拡張も柔軟なHubspotですが、パンセは当初からその優れた機能に注目し、開発/実装だけでなく連携設計・開発、導入後の運用支援業務などすべてのステージを範囲としたサービスで実績を重ねてきました。
また、HubSpotプラチナパートナーに国内4社目として認定されました(2019年9月現在)。

マーケティング活動全般を効率よく管理したい、業務の進捗や成果を可視化したい、など、マーケティングに関わるお悩みのあるマーケティング担当者の方はぜひ一度、ご相談いただければと思います。

 

効率的にビジネスを成長させるマーケティングオートメーションの導入支援をいたします。

HubSpotお役立ち情報 コツや使い方をご紹介します!

    RECOMMEND

    CATEGORY