“比較・置き換え”で膨らませる!企業サイトリニューアル後のイメージ

サイトのリニューアルは、企業にとって数年に一度の大きなプロジェクトなのではないでしょうか。今のトレンドがなにか、どう改善すれば効果が上がるのか、ターゲットの再確認、必要なコンテンツ...考えなければならないことがたくさんあります。そのような中でリニューアル後をイメージするのは容易ではありませんよね。
そこで今回はいろいろなサイトに触れながら、自社サイトのリニューアル後のイメージを膨らませる方法をご紹介します。
 
いろいろなサイトに触れるメリット

リニューアル後のイメージが明確になる

いろいろなサイトに触れることで、こうするとよさそう!というヒントが得られるので、リニューアル後のイメージが膨らみます。ぼんやりしていたものが明確になると考えなければならないことにも自然と着手でき、次のステップにも進みやすくなります。

ウェブ制作会社との擦り合わせが早くなり、進行がスムーズになる

実際の制作に入った際、たいていどの制作会社さんもヒアリングから入ると思います。
そこでどんなサイトにしたいかが明確になっていると、イメージの擦り合わせが早くなり要望に近いものがあがってくるので、進行がスムーズです。思いついたアイデアなどもぜひ制作会社さんに伝えてください。 
 
では、リニューアル後のイメージを膨らませる方法です。
目的もなくサイトを見ていてもヒントは得られません。これからお伝えする方法でサイトを絞り込んで見てください。ポイントは「自社に置き換えてみる」ことです。そうすることでイメージが膨らみ、明確になっていきます。

配色で絞り込む

まず簡単な方法として、色で絞り込みます。
うちの会社といえばこの色だよね!という色がすぐ思い浮かぶ場合は、その色で絞り込んでください。
なかなか出てこない場合は、ロゴ、主力商品やサービスで使われている色で絞り込んでください。
赤だな、青だな、そんなざっくりしたもので大丈夫です。弊社の場合は「オレンジ」ですね。
配色はサイトの印象に大きな影響を与えます。普段から目にする機会の多い「自社の色」で絞り込むことで、自社のイメージに置き換えやすくなります。

業種で絞り込む

自社と同じ業種で絞り込んでみます。弊社の場合は「ウェブ制作会社」ですね。
同じ業種がカテゴリーにない場合は、近しいもので絞り込んでください。
業種で集める際のポイントは「自社サイトとの比較」です。デザインに限らず、何を強みとしているか、カテゴリ名のつけ方、どんなコンテンツを置いているかなど、同じ業種だからこそ参考になるポイントは多いと思います。競合他社との差別化を図るには、自社の強みや独自性などをアピールすることが有効ではないでしょうか。

トレンドで絞り込む

技術や特徴で絞り込んでみます。例えば「フラットデザイン」「パララックス」などです。
多くのサイトを見ていると、こういうレイアウトにしたい、この動きを実装したい、もしくはメインビジュアルは動画にしたい、など具体的なイメージが膨らんできます。それが必ずしもユーザーにマッチしているとは限りませんが、思いついたアイデアは書き留めておくとよいと思います。 
ウェブデザインのまとめサイトを活用
サイトを探す際、検索窓に思いつく言葉を入力して探してもよいのですが、いくつかまとめて見ようとすると時間を取られる作業になります。そこで、ウェブデザインの参考となるまとめサイトを活用します。
まとめサイトは多くありますが、今回は先ほどお伝えした方法で絞り込みが可能なおすすめサイトを3つご紹介します。参考となるサイトはブックマークしたり、リスト化しておくと後で見返す時に便利ですよ。

MUUUUU.ORG

業種カテゴリーが多く、わかりやすいです。
コーポレートサイト、採用サイトなどサイトの種類でも絞り込めます。

81-web.com

色、業種、タグ(特徴や技術)で絞り込むことが可能です。
掲載されているサイトへ遷移なしで画面が見られるので多くのサイトをサクサク閲覧できます。

S5-Style

AND検索が簡単なので、業種+カラーなどより絞った閲覧が可能です。
気に入ったサイトを一時的に保存でき、メーラーに貼り付けることもできて便利です。

まとめ

リニューアル後のイメージとは「どんなサイトにしたいか」です。いろいろなサイトからヒントを得ながら、アイデアを出し合って、自社らしさ溢れるリニューアルにしてください。
「いろいろ見てみたけどよくわからない」「なかなか時間が取れない」そんな方は弊社におまかせください。
ご要望をヒアリングしながら、サービスやユーザーに合わせた設計でウェブサイトをご提案いたします。
 
 
サービスやユーザーに合わせた設計でウェブサイトを構築します

Eメール購読

パンセのタネの記事まとめ、ニュース、トレンド情報をお届けします。

RECOMMEND

CATEGORY