HubSpotの基本的な使い方から現場ベースのナレッジまで、HubSpotに特化して情報をご提供します。
どんどんコンテンツを追加していきますので、ご期待ください!

  1. Penseesトップ
  2. How to HubSpot
  3. フォーム確認画面をjQueryだけで実装する
Marketing Hub CMS

フォーム確認画面をjQueryだけで実装する

日本のwebの慣習として「フォーム送信の前に確認画面を表示させたい」というものがあります。HubSpot標準のフォームでは確認画面がありませんが、この確認画面は結構要望としていただくことが多いので、汎用的に使用できるようjQuery(1.11.2)で実装してみました。

このように動作します。

フォーム確認画面のデモ フォーム確認画面のデモ

目次

実装の概要

モジュール自体はカスタムモジュールで実装していますが、実際のフォームの送信はHubSpotのformタグ標準の挙動ではなく、Forms APIの1つである Submit form data (w/ AJAX support) を使用しています。このAPIは認証が不要なため、JavaScriptのみで完結しています。

カスタムモジュール内にはフォームフィールド1つのみ設置しており、ページ編集画面で設定できる

  • フォームの選択
  • 送信後の挙動の選択(別のページにリダイレクトか、メッセージをインライン表示)
  • リダイレクトの場合は内部ベージか、外部URLの選択

は全てサポートしています。

カスタムモジュールのフィールド構成 カスタムモジュールのフィールド構成

実際のコード

コードは次の通りです。カスタムモジュールのフィールドから値を受ける必要があるため、全てHTML + HUBL欄に記述します。JavaScriptにおいては、一応リビーリングモジュールパターンを採用しています。念のためIE11もサポートしています。

{% form "my_form" form_to_use='{{ module.form.form_id }}' %}

<script>
(function() {
  const hsForm = (function () {
    let inputData = [];
    let $formWrapper;
    let $rootElm;
    let $formFields;
    let $submitBtn;

    /**
     * 共通で使う変数のセット、HubSpot標準フォームの送信イベントを乗っ取るためのイニシャライズを行う
     * @param  {String} selector
     */
    function initialize(selector) {
      $formWrapper = $(selector);
      $rootElm = $formWrapper.parent();
      $formFields = $formWrapper.find('.hs-form-field');
      $submitBtn = $formWrapper.find('.actions input[type=submit]');

      $submitBtn.on('click', function(e) {
        e.preventDefault();
        validateForms().done(function (){
          $('.js_hsFormErrorMessage').remove();
          inputData = returnFormData();
          showConfirmation(inputData);
        });
        validateForms().fail(function() {
          if ($('.js_hsFormErrorMessage').length < 1) {
            $('<p class="js_hsFormErrorMessage">入力項目を確認してください</p>').appendTo($rootElm);
          }
        });
      });
    }

    /**
     * 各フォームパーツに.change()をかけ、HubSpotフォーム標準のバリデーションを呼び出す
     */
    function validateForms() {
      const defer = $.Deferred();

      $formFields.each(function() {
        if ($(this).find('select').length) {
          $(this).find('select').trigger('change');
        } else if ($(this).find('textarea').length) {
          $(this).find('textarea').trigger('change');
        } else if ($(this).find('input[type=radio]:checked').length) {
          return true;
        } else {
          $(this).find('input').change();
          // TODO: Eメールが漏れることある
        }
      });

      // エラーメッセージを確実に出してから判定したいためsetTimeout
      setTimeout(function() {
        if ($('.hs-error-msg').length) {
          defer.reject();
        } else {
          defer.resolve();
        }
      }, 100)

      return defer.promise();
    }

    /**
     * 確認画面の表示、またHubSpot CRMヘデータ送信するために各フォームからデータを収集し、オブジェクトを含んだ配列を返す
     * @return {Array} 各オブジェクトはlabel, name, value, valueLabelをキーに持つ
     */
    function returnFormData() {
      return $formFields.map(function() {
        let $formParts;
        let name;
        let valueLabel = [];

        if ($(this).find('.hs-dateinput').length) {
          $formParts = $(this).find('input');
        } else if ($(this).find('select').length) {
          $formParts = $(this).find('select');
          valueLabel.push($('option[value=' + $formParts.val() + ']').text());
        } else if ($(this).find('textarea').length) {
          $formParts = $(this).find('textarea');
        } else if ($(this).find('input[type=radio]').length) {
          $formParts = $(this).find('input[type=radio]:checked');
          valueLabel.push($formParts.siblings('span').text());
          // チェックしていないときのために、:checked以外でnameを取得
          name = $(this).find('input[type=radio]').attr('name');
        } else if ($(this).find('input[type=checkbox]').length) {
          $formParts = $(this).find('input[type=checkbox]:checked');
          name = $(this).find('input[type=checkbox]').attr('name');
          $formParts.each(function() {
            valueLabel.push($(this).siblings('span').text());
          })
        } else {
          $formParts = $(this).find('input');
        }

        const label = $(this).find('label span:first').text().replace(/\*/, '');
        const val = (function() {
          if ($formParts.length > 1) { // チェックボックスなど複数の値がある場合
            return $formParts.map(function() {
              return $(this).val();
            }).get();
          } else {
            return $formParts.val();
          }
        })();

        return {
          label: label,
          name: name ? name : $formParts.attr('name'),
          value: val,
          valueLabel: valueLabel.join('、')
        }
      }).get();
    }

    /**
     * 確認画面を生成する
     * @param  {Array} data
     */
    function showConfirmation(data) {
      $formWrapper.hide();

      // 確認用テーブルの生成、アペンド
      let $confirmationWrapper = $('<div></div>');
      let $table = $('<table></table>');

      function generateConfirmationValue(inputDataItem) {
        if (inputDataItem.value === 'true') {
          return 'はい';
        } else if (inputDataItem.value === 'false') {
          return 'いいえ';
        } else {
          // プルダウンやラジオボタン、複数のチェックボックスなどはvalueに対応するラベルを表示する ex)man→男 woman→女
          if (inputDataItem.valueLabel) {
            return inputDataItem.valueLabel;
          }
          return inputDataItem.value ? inputDataItem.value : '';
        }
      }

      data.forEach(function (item) {
        const val = generateConfirmationValue(item);
        $('<tr><th>' + item.label + '</th><td>' + val + '</td></tr>').appendTo($table)
      });

      $table.appendTo($confirmationWrapper);
      $confirmationWrapper.appendTo($rootElm);

      // 戻る/送信ボタンの生成、アペンド
      let $btnWrapper = $('<ul></ul>')
      const $prevBtn = $('<li><a href="#">戻る</a></li>');
      const $submitBtn = $('<li><a href="#">送信</a></li>');
      $prevBtn.on('click', function() {
        $confirmationWrapper.hide();
        $formWrapper.show();
      });
      $submitBtn.on('click', function() {
        sendDataToHS(data);
      });

      $prevBtn.appendTo($btnWrapper);
      $submitBtn.appendTo($btnWrapper);
      $btnWrapper.appendTo($confirmationWrapper);
    }

    /**
     * HubSpot CRMへデータ送信
     * @param  {Array} data
     */
    function sendDataToHS(data) {
      // 入力のない項目を削除
      let filteredFormData = data.filter(function (item) {
        return item.value;
      });
      // HubSpot APIの形に合わせ不要なプロパティの削除、配列をセミコロンで結合
      const formData = filteredFormData.map(function (item) {
        delete item.label;
        delete item.valueLabel;
        if (Array.isArray(item.value)) {
          item.value = item.value.join(';');
        }
        return item;
      });
      const sendData = {
        fields: formData
      }

      $.ajax({
        type: 'POST',
        url: 'https://api.hsforms.com/submissions/v3/integration/submit/5445294/{{ module.form.form_id }}',
        dataType: 'json',
        headers: {
          'Content-Type':'application/json'
        },
        data: JSON.stringify(sendData)
      })
      .done(function (data) {
        afterSubmit();
      })
      .fail(function (jqXHR, textStatus, err) {
        console.error(textStatus);
        if ($('.js_hsFormErrorMessage').length < 1) {
          $('<p class="js_hsFormErrorMessage">データの送信に失敗しました。インターネットの接続状況をご確認いただくか、お手数ですが時間をおいて再度お試しください。</p>').appendTo($rootElm);
        }
      });
    }

    /**
     * ページ編集画面のカスタムモジュールの設定に基づいた、フォーム送信後の挙動を実現
     */
    function afterSubmit() {
      if ('{{ module.form.response_type }}' === 'redirect') {
        location.href = '{{ module.form.redirect_id ? page_by_id(module.form.redirect_id).absoluteUrl : module.form.redirect_url }}';
      } else {
        $rootElm.children().remove();
        $('{{ module.form.message|replace("\n", "") }}').appendTo($rootElm);
      }
    }

    return {
      init: initialize
    }
  })()

  window.addEventListener('message', event => {
    if(event.data.type === 'hsFormCallback' && event.data.eventName === 'onFormReady') {
      hsForm.init('.hsForm_{{ module.form.form_id }}');
    }
  });
})();
</script>

プライベート変数宣言とinitialize関数

最初にまず、各関数で共通して使用するプライベート変数を宣言します。頭に「$」が付いているものにはjQueryオブジェクトが入ります。initialize関数にて変数に値を代入し、早速HubSpotのフォーム標準のsubmitイベントをジャックします。

validateForms関数を実行し、問題無ければフォームからデータを収集して送信、バリデーションにエラーがあればエラーメッセージを表示します。

validateForms関数

念のためIE11もサポート対象としたので、不本意ながらPromiseではなくjQuery Deferredによる非同期実装としています。バリデーション自体を独自実装したくないため、各フォームパーツでchangeイベントを呼び、HubSpotのフォーム標準のバリデーションを呼び出すようにしています。

不格好ではありますがさっくり確実性を期すためsetTimeout内でHubSpotフォーム標準のエラーメッセージが出力されていないかチェックし、rejectかresolveを実行します。

returnFormData関数

フォームからデータを収集して、各フォームパーツのデータをオブジェクトとした配列を返します。確認画面の出力のためにラベルを取得しなければならず、結構泥臭いコードになっています。もう少しリファクタリングできないか検討したのですが、面倒くさくなったのでリファクタリングしてくださる方は 私のTwitter にDMください。

showConfirmation関数

本記事の主役である確認画面を生成します。フォームを非表示にし、returnFormData関数で組み立てたデータからHTMLをゴリゴリ生成します。valueをそのまま表示できないラジオボタンなどがなんとも面倒ですね。戻るボタンをクリックしたら確認画面を非表示にし、フォームを再度表示させます。

sendDataToHS関数

Submit form data (w/ AJAX support)  APIに実際にデータを送信する関数です。引数で受け取ったデータの中には確認画面表示のためのプロパティなどもありますので、いらないものを削除します。また、適宜HubSpotが受け取る形に合わせてデータを整形します。HubSpotが受け取るデータの形については、「 HubSpot APIの使い方 」ページの末尾の付録をご参照ください。

送信に成功したら後処理のafterSubmit関数を呼びますが、失敗した場合は申し訳程度のエラーメッセージを表示します。

afterSubmit関数

カスタムモジュールの設定に合わせて、リダイレクトするかインラインメッセージを表示するかします。

まとめ

以上、簡単ですがHubSpotのフォームに手軽に確認画面を実装する方法をご紹介しました。もしかしたら細かいバグなどあるかもしれませんが、だいたい動くと思います!コピペ&バグが原因で起こった問題に関しては責任を取れませんので、自己責任のもとご利用くださいませm(_ _)m

MAIL NOTIFY

パンセへのご相談はこちら