WordPressでHubSpotのようにインバウンドマーケティングを行う方法

WordPressではインバウンドマーケティングは出来ない?

はじめまして、エンジニアのえびえです。
最近、よく耳にするようになったMA(マーケティングオートメーション)やインバウンドマーケティング。実際に触ってみたいけど、自社サイトはWordPressで運用しているから…。と、諦めているそこのあなた!
実はWordPressでもプラグインや外部サイトを利用すればインバウンドマーケティングを行うことも可能になるのです。

WordPressでHubSpotの機能を再現してみよう

HubSpotの機能を疑似的にWordPressで使えるようにすれば、インバウンドマーケティングが行えるはずです。 ということで、WordPressでHubSpotの機能を再現する上で必要となるプラグインや外部ツールをまとめました。

SEOやフォーム、CTA作成

Google アナリティクス (外部ツール)
SEOのためユーザーがサイトを見つけた経緯やサイトの利用状況を総合的に分析出来ます。

HubSpot CRM FREE (外部ツール)
HubSpotのフォーム機能が無料で利用できます。詳しい使い方は当ブログでも紹介していますので、ぜひご覧ください。
HubSpot のフォーム機能が無料で使える!?自社サイトでリード情報を獲得し、管理してみよう!

MAX Buttons (プラグイン)
CTAボタンを簡単に作成、変更することが出来ます。ショートコードで呼び出せるので使いまわすことも出来ます。

ランディングページ作成

unbounce (外部ツール)
LPの作成はもちろんフォームやサンキューページの作成、ユーザー管理も行えます。有料ツールとなっていますが、30日間はトライアルとして無料で使えます。

ソーシャルメディア情報の管理

Social Report (外部ツール)
顧客やリードのSNS情報をまとめて管理・追跡することが出来ます。こちらも有料ツールですが、30日間のトライアルもあります。

コンタクトとリードの管理

HubSpot Marketing Free (プラグイン)
HubSpotが提供している無料プラグインで、制限はありますがマーケティングオートメーションとリードトラッキングが可能になります。

上記の各種ツール、プラグインがあればインバウンドマーケティングに必要な最低限の機能を再現出来るので、WordPressでもインバウンドマーケティングが可能ですね!

運用していく上での問題点

実際にこれらを用いてインバウンドマーケティングを行う上での問題点として、外部ツールがそれぞれ独立しているということです。
「unbounce」「Social Report」「HubSpot Marketing Free」などは、併用を想定して作られたツールではないため、それぞれ独自でリード管理ツールの役割を持っています。

つまり、ツール各々の管理情報を確認、集計する必要が出てきてしまい管理コストが高くなります。さらに、各ツールの操作方法なども覚える必要が出てきます。海外のツールを使用している場合は日本語でのサポートがない場合もあり、チームメンバーがきちんと使いこなせるように社内用マニュアルも必要になるかもしれません。

また、WordPressのバージョンアップに伴いプラグインが動かなくなるケースもあります。大抵の場合はプラグインが更新されて使えるようなることが多いですが、WordPressのプラグインは個人が開発しているものも多く、突然プラグインの開発が止まってしまうリスクもあります。

だからと言って、WordPressのバージョンアップを怠るとセキュリティ上の問題が発生する恐れもあります。
このように、WordPressでの運用は管理コストやメンテナンスコスト、 セキュリティコストなど運用上、多くの問題を抱えることになります。

HubSpotと比較してみよう

HubSpotと比較

各種ツール、プラグインで行っていたことは、全てHubSpotだけで行う事が出来ます。リード集計も必要無くなり、管理コストやメンテナンスコストが削減され、よりマーケティング活動に注力出来ます。
さらに、インバウンドマーケティングの基礎から学べる「 HubSpot アカデミー」という日本語対応のページがあるなどサポートも充実しており、社内用マニュアルなどは出る幕がありません。
HubSpotではソフトウェアやアプリケーションの動作を24時間365日モニタリングしているのでセキュリティ面でも万全です。また、機能変更がある場合はあらかじめアナウンスされるので、いつも使っていた機能がHubSpotのバージョンアップで突然使えなくなるということもありません。
さらに、HubSpotのプランには標準SSL証明書やサーバー費用が含まれているため別途契約の必要がありません。
HubSpotのプランについては下記をご覧ください。
株式会社パンセ|デジタルマーケティングプラットフォーム構築

WordPress自体は無料で使えますが、外部ツールの月額料金・サーバー費や、「管理」「メンテナンス」「セキュリティ」面でのコストなどを含め、総合的に考えるとHubSpotが最良の選択と言えるでしょう。

まとめ

今回、WordPressでインバウンドマーケティングを行う方法を紹介しましたが、WordPressは本来ブログサイトを作成するためのCMSです。
インバウンドマーケティングを行う際には、必要な機能を全て一元化したプラットフォームであるHubSpotやサイトコアがオススメです。
当ブログの運営会社、株式会社パンセはHubSpotの正規認定パートナーです。インバウンドマーケティングを始めてみたいという方向けに、HubSpot導入支援はもちろん、導入後のサポートも行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

効率的にビジネスを成長させるマーケティングオートメーションの導入支援をいたします。

関連記事

Eメール購読

パンセのタネの記事まとめ、ニュース、トレンド情報をお届けします。

RECOMMEND

CATEGORY