<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=211808849452561&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

BtoB向けコンテンツマーケティング戦略におけるLinkedIn活用術

BtoB向けコンテンツマーケティング戦略におけるLinkedIn活用術 イメージ画像

ソーシャルメディア・マーケティングは、BtoB向けコンテンツマーケティングに必要不可欠なものとなっています。

アメリカでは、実に83%のマーケティング担当者が利用しているソーシャルメディアは、マーケティングにおいて最もよく使われているコンテンツ配信施策です。

その中でも、今一番勢いのあるメディアはどれでしょう?

BtoB向けコンテンツマーケティングにおいては、間違いなくLinkedInなのです。

LinkedInは、BtoBに特化したソーシャルメディアとして定評を得ています。BtoBプラットフォームの中で長年トップの利用者数を誇り、63%のマーケティング担当者から最も効果的なソーシャルメディアプラットフォームと評価されています。

LinkedInが傑出したソーシャルメディアサイトである理由は、顧客へのエンゲージメントやブランド認知以上のものを提供していることにあります。いわばLinkedinは、個人および企業の確固たるビジネスの評判を築くための基盤なのです。

あなたの企業は、コンテンツマーケティングにおけるLinkedInの可能性を最大限に活用できていますか。

ここでは、LinkedInを最大限に活用する方法を説明させて下さい。

目次


コンテンツマーケティングにLinkedInを活用する3つのメリット

LinkedInには、他のソーシャルメディアプラットフォームにはない、独自の強みがあります。

 

1.特定のオーディエンスを対象にすることで、より有望なリードを獲得できます
ビジネス向けの製品やサービスのマーケティングにおいて、見込み客(リード)と関係を築くのにLinkedInより優れたネットワークはありません。最大のメリットは、「フォーチュン500」に選ばれた企業のCEOから、スタートアップ企業の新進気鋭のリーダーまで、あらゆる規模の企業の、あらゆる階層にリーチできることです。

6100万人のLinkedInユーザーが上級職についているインフルエンサーであり、4,000万人が意思決定者です。ターゲットとする顧客が誰であっても、LinkedInの正しい戦略 、 すなわち、ターゲット顧客に直接話しかけるようなコンテンツを作成することができれば、そのコンテンツは自社の事業成長に必要な人たちの目に留まるでしょう。

 2.ソートリーダーシップ(Thought Leader:思想的リーダー)とブランド価値の確立に役立ちます
コンテンツ戦略の一環として、刺激的で、洞察に満ちた画期的な記事やビデオをLinkedInで配信すれば、ソートリーダーシップの面で大きな信頼を得られるでしょう。

自社のウェブサイトやメールマガジンなどで配信するコンテンツとは違い、LinkedInのコンテンツは第三者がコメントや「いいね」をつけたり、シェアすることができます。つまり、あなたの投稿が、業界内で信頼の厚いプロフェッショナルや企業のリーダーに支持されるチャンスがあるのです。

3.コンテンツ向上のためのリソースでもあります
LinkedInは、単にコンテンツを配信するプラットフォームではありません。それ自体が、自社のコンテンツ作成の改善の為のリソースでもあるのです。他の企業が配信している多くの貴重なリサーチにアクセスすることもできますし、自分の業界のリサーチ会社をフォローして新たな研究結果が発表される度にチェックすることもできます。

 

Deloitte Review(参照元:https://deloi.tt/2DwGLe4

 

LinkedInで配信・投稿すべきコンテンツとは?

コンテンツマーケティングの戦略全体を通じて、様々なLinkedIn活用方法があります。 

 

記事を投稿し、更新しましょう
LinkedInにおけるコンテンツ戦略の基本は、LinkedIn上で直接記事を投稿し、その記事のリンクを自社ウェブサイトのブログ記事に掲載するという方法でしょう。
自社サイトに掲載する長文のブログ記事と同様に、LinkedInでも読み手に何らかの価値を提供し、自社の専門知識を示せるような、示唆に富む記事を作成することができます。

LinkedInに投稿した記事がたくさん閲覧されれば、ブランド認知にも大いに貢献していると気づくでしょう。投稿する記事は、他にはない独自のものであることを徹底してください。質の高さはもちろん、読者の目を引き、ネット上の類似コンテンツには見られないものを提供する内容でなくてはいけません。

 このポイントを押さえれば、あなたの投稿は他のLinkedInユーザーによって共有され、より多くのフォロワーを獲得できるでしょう。
同じ記事を自社のブログとLinkedInの両方で配信した場合、どうなるでしょう?重複コンテンツと見なされ、Googleのペナルティの対象となってしまったり、検索結果においてLinkedInの記事が自社の順位を押し下げてしまう可能性はないのでしょうか?

実際には、コンテンツをソーシャルメディアと自社ブログの両方で配信することで問題が生じることはないという見解を示す人が大半です。しかし、カニバリゼーション(共食い:検索キーワードの奪い合い)の発生によって、検索順位上、LinkedInの記事があなたのウェブサイトのコンテンツより上位に表示される可能性はあります。

これを解決するために、コンテンツ作成の際に、あなたのブログ記事のほうを重視して執筆しましょう。ただし、LinkedInの投稿にも、質の高いオリジナルコンテンツを掲載するのも、ソートリーダーとしての地位を確立するうえで優れた方法です。

業界によっては、LinkedInのトラフィックを増やすほうが効果的な場合もあります。例えば、著作家や講演家にとっては、LinkedInのトラフィックがすべて事業の成長に直結します。

ブログ記事をLinkedInページで共有記事として投稿すると、より多くのトラフィックを自社ウェブサイトに誘導できます。すると、LinkedInで配信した記事も間接的にトラフィックの増加に貢献するでしょう。LinkedInに投稿された記事を気に入った人は「プロフィールページ」を閲覧し、共有された投稿からウェブサイトに飛ぶリンクをクリックする可能性が高いからです。

 LinkedInにおける動画マーケティング
動画は、ブランドのストーリーを伝える素晴らしい手段です。LinkedInは常に動画マーケティングの可能性を追求してきました。ユーザーが活字コンテンツだけでなくビジュアルコンテンツも活用してターゲットオーディエンスにエンゲージできるよう、ここ数年でネイティブ動画にいくつかの変更を加えました。
LinkedInのスポンサードコンテンツとして動画広告を作成すると、ニュースフィード上に単独の投稿として表示されるので、人々の目に触れやすくなります。

linkedin_news(参照元:https://business.linkedin.com/marketing-solutions/blog/linkedin-news/2018/linkedin-goes-all-in-on-b2b-video

 

動画の投稿にCTAボタンをつけることで、より多くのリードを生み出し、イベントへの登録やコンテンツのダウンロードといった様々なアクションを喚起することができます。
さらには、LinkedInの「会社ページ」に製品紹介や企業風土、ニュースやイベントのお知らせといった、動画を投稿することも可能です。

 

04

(参照元:https://linked.in/erFf3fN

 

LinkedInで成功を収めるためのプランニング

LinkedInを最大限に活用するために、明確な目標と、そこに到達するための計画を立てましょう。

LinkedInでのコンテンツ配信とアクティビティを通して、何を得たいですか?より多くのリード獲得、自社ウェブサイトへのトラフィック増加、ターゲットを絞ったエンゲージメント、業界におけるオーソリティの向上など、具体的な目標を挙げてください。
測定可能な目標として、どんな項目を設定しますか?LinkedInで各目標を達成するまでのタイムラインを策定しましょう。
自社のコンテンツ戦略全体において、LinkedInはどのように活用できるでしょうか。

• LinkedInを使って、自社主催のイベントやセミナーへの関心を高め、参加登録の方法を告知する。終了後はイベントやセミナーの内容を再利用してコンテンツを配信する。
・LinkedInのオーディエンスを、自社ウェブサイトのメールマガジン購読へ誘導する。
・LinkedInのステータスアップデートで、自社の白書やeブック、その他のダウンロードコンテンツをフォロワーに告知する。
・同業種のソートリーダーたちとLinkedIn上で交流し、自社ブランドとコンテンツに対する信頼性や関心の向上を図る。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。数あるLinkedIn活用術をBtoBコンテンツマーケティング戦略に取り入れることで、より確実にターゲットオーディエンスとつながり、価値あるコンテンツを届けることができます。あなたの企業のコンテンツ戦略に合う機能を使いこなすことに注力すれば、大きな成果が得られるでしょう。


(参照元:https://marketinginsidergroup.com/content-marketing/how-to-use-linkedin-in-your-b2b-content-marketing-strategy/

HubSpotお役立ち情報 コツや使い方をご紹介します!

    RECOMMEND

    CATEGORY