サイト運営効率化のためのCMS導入、メリット・選定ポイントとは?

 Webサイトの重要性が年々高まる中、SNSへの連携、デバイスの多様化・多言語への対応、複数部署とのやりとりなど、運営業務は複雑さとボリュームを増しています
 
そんな中、「文言・リンクのミスが多い」「更新業務のみで手いっぱい、成果を上げるところまでいかない」など、日々抱えている課題も多いのではないでしょうか。
 
Webサイト運営において、更新の負荷を軽減してくれるツールとして「CMS」は今や一般的ですが、導入にあたりどんなメリットがあるのか?また、選定ポイントについて、ここでは紹介していきたいと思います。
 
 

CMSを導入するメリット

企業のWebサイトは、小まめな更新がサイトの価値を高め、アクセス数増加に繋がるとも言われています。
とはいえ毎回、サイト更新に多くの手間をかけるのは、大変ですよね?
効率的にサイト更新を行うためにも、作業フローはできるだけ簡略化したいもの
CMSを導入する上でのメリットとは、具体的にどのようなものなのでしょうか。

更新が効率的になる

最大のメリットは、ページの作成や更新が容易になり、運用が安定することです。
これまで外部の会社に依頼していたコンテンツの更新・公開作業を自社で容易に行う事が出来るので、運用段階に入ってからは大きなコストダウンを見込めるのがCMS導入の魅力。
また、自社で更新・公開作業を行えるようになるため、「スピーディーな更新」が可能です。

コンテンツ管理体制を築ける

更新するメンバーを限定して権限を付与できる機能や、誰がどのページを更新したかを更新履歴が保存される機能があります。
編集権限を分けることにより、万が一ミスが起こった場合でも、更新履歴をたどり、どの時点でのデータを復活すればよいか判断することが可能です。

 

押さえるべきCMS選定のポイント

iStock-522383010

目的の明確化

まずはCMS導入の目的をはっきりさせることが重要です。
「企業サイトを複数部門の担当者で運用しつつ、コンテンツは厳密に管理したい」という企業なら、承認フローや権限管理機能が使いやすいCMSを選定するといった具合に、目的によって重視すべきポイントは大きく異なります。
何のためにCMSが必要か。解決したい課題は何か。それは必須か。という導入の目的や優先順位を明確にしたうえで、最も最適なCMSはどの製品かを検討することが重要です。

ワークフロー(承認権限の設定)

コンテンツの制作という物理的な問題だけではなく、社内の事務手続きが更新を阻むボトルネックとなることがあります。

  • 上司が不在だから承認がもらえない
  • 関連部署を横断して承認する仕組みが整備されていないため、迅速にコンテンツを公開できない

CMSは導入するだけで、自動的にWebサイトを更新してくれるツールではないため、「CMS導入=業務フローの変更である」ということを理解し、事前に業務フローの見直しや運用体制作りを行っておくことも、スムーズな導入につながるポイント。ワークフローでチェックを万全にできれば、多人数の指示や報告が飛び交う中でも混乱を防ぎ、安全な運用が可能です。 

その他選定のポイント

■サポート体制

有料CMSの場合、ライセンス料はかかりますが、サポートが受けられるメリットがあります。
お問い合わせ手段(電話 or メール)や対応時間・言語などを確認しておきましょう。
WordPressなどオープンソースの場合であれば、立ち上げ後のサポートを制作会社などに委託しておくことをおすすめします。

■セキュリティ

CMSには便利な機能が備わっている反面、脆弱性を狙った攻撃(改ざん)のターゲットにされやすい状況にもあります。

  • 情報セキュリティ対策が実施されているCMS・拡張機能の選定
  • アカウントの適切な管理

一部例をあげましたが、脆弱性やバグが見つかった場合、迅速に修正対応される製品を選ぶことが賢明です。事前に組織内で定めた情報セキュリティ要件をCMSが満たしているかどうか確認を行いましょう。

 

過去記事に、WordPressとMovable Typeという王道CMS2つを例に挙げ、それぞれのCMSの使い方についてご紹介しておりますので、比較いただければと思います

ステキに活用できている?王道CMSの適した使い分けについて
https://blog.pensees.co.jp/cms-depending-on-the-situation

 

 
まとめ
 
繰り返しにはなりますが、CMS導入時には、「何のために導入するのか」「解決したい課題が何か」をよく検討し、目的をはっきりさせることが重要です。選定に迷った時や、運用方法がまとまらないといった場合にも、方向性を間違うことなく結論を出せるはずです。

自社サイトにどのCMSが適しているかは、サイトの仕様、必要な機能、予算などによって変わるため、実現したい要件を明確にした上で選定しましょう。
 
パンセではお客様の体制や課題に合わせて最適なCMSをご提案いたします。お気軽にご相談ください。

Eメール購読

パンセのタネの記事まとめ、ニュース、トレンド情報をお届けします。

RECOMMEND

CATEGORY